下北かるた講座

2008年9月 7日 (日)

しもきた伝道師養成研修から

大変お久しぶりでした。1ヶ月ぶりの登場です。

さて昨年度は「下北を知る講座」で下北地域の方々に「下北かるた」を知っていただきました。今年度は「下北を知る講座」を少しビジネスモデルにつなげようと「しもきた伝道師養成研修」を開催しています。

この研修は、下北地域の色んな資源を知ってもらい、その資源をどのように活用すれば地域の活性化につながるかということ目的として、そのキッカケづくりのためにのべ4回実施するものです。

第1回目はNPO法人NPO推進青森会議の常務理事三上亨さんをお迎えして自らかなり係わってる津軽鉄道を題材に「地域課題を逆手に取ったまちおこし&産業振興の取組」をテーマにお話いただきました。

81_2

81_26

第2回目は地元田名部高校教諭の坂本謙治さんに下北の食材を題材に「地域を知る①」、第3回目は同じく地元田名部高校元校長の奈良正義さんに下北の自然(埋没林、海底林)を題材に「地域を知る②」をお話いただきました。

そして第4回目はNPO法人活き粋あさむしの事務局長三上公子さんに「地域資源を活用し産業振興へ(住んでいいなあと思う地域を自分たちで作ろう)」をお話いただきました。

いずれの内容も主催した当方の期待に違わず、受講されたみなさんからは「身近にこのような取組をしている地域があるのか」「ちょっとしたキッカケが地域づくりにつながる」とか「地域にはスゲー素材があるんだ」ことなどの感想をいただいています。

だんだん地域が「その気」になってきたようにも思えます。

この研修の総括として9月17日(水)午後6時からむつ市「むつ来さまい館」で、JTBの清水さんを講師に「本州のてっぺんで考える観光フォーラム」を開催します。なんとも楽しみです。

「伝道」とは教義を説明して信者を獲得することとされ、「師」がつくと教義を広める任務を持つ人とされています。受講されたみなさんは「下北学」という教義を広めることができるものと期待しています。   

                          じんじん

| コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月30日 (月)

「下北かるた」理解できたかな?

久しぶりの書き込みです。

先日(といっても610日(火))にむつ市立大平小学

校で「下北かるた」のお話をしてきました。小学3年

生を対象になんと3回も!!

社会科の授業の一環として「下北を知る」というテーマ

で45分間を3クラス…、疲れました。

とりえず外見だけでも先生になりきろうと思い、ジャー

ジ姿でズックを履いて、気持ちは「ヤンクミ」のつもり

(古くは「熱中時代のキタノコウダイ先生(水谷豊)」)

でと意気込みだけはカンペキでした。

Photo_2 

「オマエラ、よ~く聞きやがれ」なんてセリフの一つで

もと思いながら、颯爽と視聴覚室へ… 

撃沈です。全くできませんでした。

子どもたちと顔を付き合わせた瞬間、空気を読むと、

これは無理と判断、また己を知らなさすぎました。自分

のキャラでは無いということを改めて認識しました。

独特の雰囲気がありますね。

反応がない反応のため何でどうやって「笑い」をとって

みようかなど、かなりドギマギしながら話を進めました。

大人だと適当な言葉?を見繕って話すと、何となく理解

してくれているだろうと感じるのですが、小学生だと全

く反応がないため本当に理解してくれているのかとても

不安になります。

学校の先生って大変だなあ~。

Photo_3

一つわかったことがあります。

小学校の低学年だと30分間連続し集中して聴くという

ことはなかなか難しいということです。

15分程度説明してから何か考えてもらうとかしないと

あきてしまって結局はつまらない授業になりかねないと

思いました。

再度、学校の先生って大変なのです。

なんてことを考えて3回の授業が終了し、最後はちゃっ

かり給食もいただきました。美味かったです!!!

                                じんじん

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

平成20年度「下北かるたプロジェクト」始動

今年4月から、新しく「下北かるたプロジェクト」の一員となりました「じんじん」といいます。よろしくお願いします。

さて、去る425日(金)むつ市立図書館で平成20年度海老川コミュニティ女性学級(学級長下山弘子、生徒23名)の開級式がありました。その開級式の記念講演でなんとビックリ(いきなり)「下北かるた・下北検定」を話題に講演をしてきました。

自分としては、まだこのプロジェクトに入隊してから1ヶ月半に満たないなかでの講義だったため15名の受講生の方には申し訳ないくらい浅薄な内容でしたが、講義後、受講された方々からの感想では「初めて知ったことがある」「なるほどと思った」などと、なんとなく無事に終了したようでホッとしています。(まあ半分以上は社交辞令だと思いますが)

Photo 

6月上旬には、小学校で3回ほど授業として開催する予定です。

また冬には「むつ市民大学」の公開講座でお話をします。こうした活動を通してもっともっと多くに人に「下北のよさ」を知っていただけたらと思います。

最初の書き込みで緊張したせいか堅い内容になりましたが、これからどんどん「旬の下北」をお知らせしていきます。よろしくお願いします。  byじんじん

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

めざせ”100%下北人” 下北検定模擬試験のお知らせ(当日も受け付けます)

定員になるまで、当日も受付します。

※12月14日現在、10数名の余裕があります。

めざせ”100%下北人”!!

「下北検定」模擬試験(下北を知る講座(第6回))について

1 日時 平成19年12月16日(日)14:00~16:00
2 場所 下北文化会館視聴覚教室
3 日程 13:30~      受付
     14:00~      諸注意等
     14:20~15:00 試験(5肢択一方式、40題)
     15:00~15:10 休憩
     15:10~15:50 解答解説、自己採点
     15:50~      アンケート記載(記載次第提出して退席可)
     17:00       撤収
4 申込期間   平成19年11月12日(月)~定員になるまで
下記担当まで電話、または、氏名、住所、電話番号を明記してFAXで申し込んでください。
5 受験票発送 平成19年12月6日(木)(予定)※12月6日以降に申込の方には、受験票はお送りしません。
6 募集定員  50人(先着順で定員になり次第締切)
7 検定料
    
無料
8 受検資格   
誰でも受験できます(下北以外にお住まいの方も受験できます)
9 合格発表  今回の模擬試験は、平成20年2月に実施予定の「しもきた検定」本試験の運営の参考とするために実施するので、合格発表などは行いません。当日、会場で自己採点とします。
10 テキストについて
 本年度実施した「下北を知る講座」で使用したテキスト『下北人は生まれながらにして下北を知ることを欲する』とします。
 ご希望の方には無料で配付します。お渡しは、直接取りに来ていただくか、郵送になります。ただし、郵送の場合は240円切手をA4サイズ(角2)の返信用封筒を添えてお申し込みください。

(担当)青森県下北地域県民局地域支援室 富谷(とみや)
〒035-0073 むつ市中央1-1-8
    電話0175-22-1195  FAX0175-22-1176

「模擬試験案内.pdf」をダウンロード

「下北かるた検定」(Yahoo!ネット検定)もよろしく

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

下北を知る講座(第5回)のお知らせ

「下北かるた」を題材とした「下北を知る講座」(第5回)を開催します。

 参加希望の方は、電話、ファックス又はメールでお申し込みください。

■日時 平成19年11月18日(日)14:00~16:00
■場所 むつ市立図書館あすなろホール

■内容 1 講座「ら行・わ行編」&下北かるたクイズ
      下北かるた「ら行・わ行」を題材に、下北について学びます。
      クイズ形式でこれまでの総復習も。

     2 上映会「映像で見る下北の昔(2)」
      ※ 約40年前の下北半島の姿を映像で紹介する第2弾。
■定員 50人
■参加費 無料
■申込方法 電話、FAX又はメール
      
      下北地域県民局地域支援室
      電話 0175-22-1195
      FAX  0175-22-1176
      メール 
sh-renkei@pref.aomori.lg.jp

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

下北を知る講座(第4回)開催のお知らせ

「下北かるた」を題材とした「下北を知る講座」(第4回)を開催します。

 参加希望の方は、電話、ファックス又はメールでお申し込みください。

■日時 平成19年10月28日(日)14:00~16:00
■場所 むつ市来さまい館イベントホールB

むつ来さまい館はこちら(ちず丸へリンク)
■内容 1 講座「ま行・や行編」
      下北かるた「ま行・や行」を題材に、下北について学びます。

     2 上映会「映像で見る下北の昔(1)」
      ※ 約40年前の下北半島の姿を映像で紹介します。
■定員 80人
■参加費 無料
■申込方法 電話、FAX又はメール
      
      下北地域県民局地域支援室
      電話 0175-22-1195
      FAX  0175-22-1176
      メール 
sh-renkei@pref.aomori.lg.jp

「第4回講座ちらし」をダウンロード

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月12日 (水)

下北かるたによる下北を知る講座(第3回)のお知らせ

「下北かるた」を題材とした「下北を知る講座」(第3回)を開催します。

 参加希望の方は、電話、ファックス又はメールでお申し込みください。

■日時 平成19年9月30日(日)14:00~16:00
■場所 むつ市立図書館あすなろホール

むつ市立図書館はこちら(ちず丸へリンク。川島雄三記念室と表示されています)
■内容 1 講座「な行・は行編」
      下北かるた「な行・は行」を題材に、下北について学びます。

     2 講演「下北エコツアー」
     講師 木下哲夫氏(環境省環境アドバイザー)
      ※ 下北半島の動物や植物を写真でたくさん紹介します。
■定員 50人
■参加費 無料
■申込方法 電話、FAX又はメール
      
      下北地域県民局地域支援室
      電話 0175-22-1195
      FAX  0175-22-1176
      メール 
sh-renkei@pref.aomori.lg.jp

「第3回ちらし(PDF)」をダウンロード

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

たずねてみよう、下北半島の「句碑・歌碑」めぐり

 下北は、かの伊能忠敬が「此所は奥北に稀なる所にて寺院医師其他表立市し人々学文を好、詩和歌等もなす人あり」(「沿海測量日記」)と記したほど、昔から文化の薫り高いところでした。
 また、下北には、古くから作家が訪れ、作品に描かれています。

 そのため、下北には、歌碑・句碑・文学碑が多く建てられ、ファンを楽しませています。

 下北半島の歌碑・句碑は、「下北半島の窓」ホームページでも紹介されています。
 
「下北半島の窓」ホームページはこちら

 シギが飛び立つ海峡に井上靖の文学碑(カルタへリンク)

 井上靖の文学碑がある風間浦村下風呂はこちら(ちず丸へリンク)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

下北を知る講座(第2回)のお知らせ

「下北かるた」を題材とした「下北を知る講座」(第2回)を開催します。

 参加希望の方は、電話、ファックス又はメールでお申し込みください。

■日時 平成19年8月25日(土)14:00~16:00
■場所 むつ市海と森ふれあい体験館(むつ市川内町川内477)

むつ市海と森ふれあい体験館はこちら(ちず丸へリンク)
■内容 1 講座「さ行・た行編」
      下北かるた「さ行・た行」を題材に、下北について学びます。川内の昔の映像も紹介。

     2 講演「下北の多様な海の生き物」
     講師 五十嵐健志氏(むつ市海と森ふれあい体験館館長)
      ※ 暖流と寒流に囲まれた下北、知られていない里海の多様な生きものを紹介します。
■定員 50人
■参加費 無料
■申込方法 電話、FAX又はメール
      
      下北地域県民局地域支援室
      電話 0175-22-1195
      FAX  0175-22-1176
      メール 
sh-renkei@pref.aomori.lg.jp

「第2回ちらし(PDF)」をダウンロード

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

第1回下北を知る講座開催!!

 7月31日、記念すべき第1回下北を知る講座が開催されました

(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*)

高校生も参加  高校生から60代まで、約80人のご参加をいただきました。ありがとうございました。(写真は、展示してあるカルタなどの資料を見る高校生。写真をクリックすると大きな画像が出ます)

 下北地域県民局長あいさつに始まり、下北かるたの生みの親である山本文三さん、杉山克也さんの講演、休憩をはさんで、下北かるたによる下北を知る講座「あ行・か行」編と2時間のプログラムはあっという間に終了しました。

局長あいさつ 山本文三氏 杉山克也氏 (左から、局長、山本さん、杉山さん)

 「第1回講座次第(PDF)」をダウンロード

 山本さん、杉山さんからは、下北かるたの原案が、「あの世への入口がある恐山」から始まるものだったことや、下北を愛するあまり息子の名前を「(シモ)キタロウ」にしたというちょっと笑えるエピソードから、下北の活性化のためにあれこれ奔走した苦労話が披露されました。

 しもきたくんTシャツ しもきたくんTシャツもデビューしましたよ。講座修了後は「どこで買えるのか?」という声が殺到ちょっとだけありました。 (Tシャツは手作りです。欲しい方は、Tシャツを持ってきていただければ、私が描きます。)

東奥日報の記事(Web東奥にリンク)

 第2回は、8月25日(土)14:00~むつ市海と森ふれあい体験館で開催されます。皆さんのご参加をお待ちしております。

「第2回講座のちらし(PDF)」をダウンロード

海と森ふれあい体験館(ちず丸へリンク)

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧