« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

しもきた君 in ニューオリンズ

Shimokitakun_in_new_orleans しもきた君がついに海外進出を果たしました!!!(証拠写真は左。クリックすると大きな画像が出ます)

\(^o^)/バンザーイ \(^O^)/ヤッター

しもきた君を海外(ニューオリンズ)へ連れて行ってくれたのは、キリ番(10000)ゲッターの神奈川県 Tさんです。

しもきた君も喜んでいることでしょう。

Tさん、ありがとうございました。

**********  Tさんからのメール本文(抜粋)  **********

先日アメリカ出張(ニューオリンズ市)の機会がありましたので、しもきた君を連れて市内散歩に出かけてみました(あるブログのパクリのようですが)。 添付したのは市内で最も有名な観光地のひとつである、ジャクソン広場で撮影したものです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

下北地域の活性化に向けた意見交換会を開催します

 下北地域では、国の「平成19年度地方再生モデルプロジェクト」に採択された「下北地域広域観光振興プロジェクト」が実施されています。
 その一環として、去る2月22日には、下北地域の地域資源を活用した地域づくりをテーマにセミナーを開催し、
これからの地域づくりは、画一性から脱却し、「個性」を磨くことがポイントになるとのお話しがあったところです。

 このたびの意見交換会は、実際に下北活性化の担い手となる、団体・企業、住民の皆様が、互いにアイデア、意見を出し合い、下北の未来のために、「下北にあるもの」をどう活用していけばいいのか、一緒に考える機会としたいと思います。

 皆様のご参加をお待ちしております。

1.
3月5日(水)10:00~12:00 むつ来さまい館

2.3月5日(水)15:00~17:00 むつ市川内庁舎

3.3月6日(木)13:00~15:00 大間町総合開発センター

内容
①下北の地域資源とその活用プロジェクトについての紹介(30分)
 ・総括的な説明と下北学構築事業(県事業)について
 ・「下北かるた」と活用アイデア・プロジェクトについて
 ・「下北ブランド認証品」と活用アイデア・プロジェクトについて
②下北シンポジウム・セミナー(2月22日)の成果紹介(15分)
③アンケート記入(15分)~休憩時間活用
④意見交換会(60分)~フリートーキング

「意見交換会ちらし」(PDF 77KB)をダウンロード

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

下北に春が...

 下北地域県民局長室の花瓶に挿してある桜の枝に花が咲きました。7分咲きといったところです。

 先週まで、首都圏の大学生の皆さんが、冬の下北で体験観光をしていました。学生の皆さんが春を呼んでくれたのかも

 と言っても、本当の桜は5月のゴールデンウィークあたりかな....

下北県民局長室の桜 アップで撮ってみました

(局長室の桜。クリックすると大きな写真が出ます)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

下北検定合格発表

 2月17日(日)に実施した「下北検定」の合格者(100点満点で80点以上)を発表します。

 受検者79人中、合格者は27人(34%)でした。合格者の皆さんおめでとうございました。後日、合格証を送らせていただきますので、お楽しみに。

得点     受験番号

98点(1人) 

92点(1人) 42

90点(1人) 47

88点(5人) 2、17、20、43、55

86点(6人) 4、8、24、36、65、83

84点(5人) 25、27、30、35、46

82点(5人) 9、12、31、33、38

80点(3人) 15、22、28

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

首都圏大学生との交流事業in下北 成果発表会のお知らせ

 下北地域では、国の「平成19年度地方再生モデルプロジェクト」に採択された「下北地域広域観光振興プロジェクト」が、国の事業として実施されています。

 その一環として、首都圏の大学生が、実際に下北の冬季の体験・交流型観光を体験調査する取り組みを行っています。

 このたび、その大学生が下北地域での若者世代向けの観光について発表し、地域の皆さんとワークショップ形式で意見交換を行います。

 みなさまのご参加をお待ちしております。

日時 2月22日(金)10:00~12:00
場所 むつ来さまい館イベントホール

<プログラム>
10:00~10:05 開式・局長挨拶 下北地域県民局長 奈良岡修一氏
10:05~10:10 冬季における体験交流観光調査の概要&参加学生の紹介
10:10~11:10 各班の発表(3班・各班20分、コメンテーターとの質疑含む)
★☆★ 休憩 ★☆★
11:20~11:50  各班に分かれて、意見交換会
→ワークショップ形式で行います。下北で生活する住民の皆さんも、ぜひご参加下さい。
11:50~12:00  総括(各班での意見交換の成果)、閉会

<コメンテーター>
・ 大平貞仲氏(NPO法人SNO)
・ 菊池俊明氏((財)下北物産協会)
・ 島康子氏(あおぞら組)
・ 山本文三氏(下北衆会)
※コメンテーターは変更になる場合があります。

発表会ちらし」(PDF 160KB)をダウンロード

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

下北検定 無事終了!!

200217kentei  200217kentei2(ぎっしり埋まった教室(左)、高校生も受験(右))

 青森県初のご当地検定として、そこそこ注目を集めていた「下北検定」が、2月17日(日)行われ、大きな混乱もなく無事終了しました。

 <(__)> ありがとうございました。

 85名の申込があり、実際は79人が受験しました(受験率93%)。

 速報値では、最高点は98点(1人)、平均点は67.9点で、80点以上の合格者は27名(合格率の34%)となったもようです。(さらに数回チェックをして、22日(金)に正式発表予定です)

 12月の模擬試験が、平均点63.5点、合格率25%だったことを考えると、成績が少し上昇しました。模擬試験の結果を見て、勉強した人も多かったようです。

 やはり「下北人は生まれながらにして下北を知ることを欲する」です。下北を知りたい人がいっぱいいるんです。すこしずつ改良しながら、続けていけるといいなぁと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

ひろさき検定ネタ(2)

 2月16日(土)東奥日報朝刊によると、3月9日実施の「ひろさき検定」の受験申し込みが1208人だったとのことです。さすが、県内初の本格的ご当地検定です!!

 受験料3000円+公式テキスト1600円=4600円を費やしても受験したい人が1208人もいるっていうのは正直驚きです。

<(゚◇゚;)> すごい!

 「下北検定」もいよいよ明日です。(こちらの受験申し込みも、定員80人を超えました。会場の都合により、当日の申し込みは受け付けられませんので、ご了承ください)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

スペース2008 in 田名部駅通り

田名部駅通りにフリースペースができました。

無料です。ぜひ、ご活用ください!!

Space2008 (4月までイベント予定がびっしり。クリックすると大きな画像が出ます)

詳しくは、

むつ市田名部駅通り!なりカメ通信@ブログ!!ひとりごとをご覧ください。

http://ncs0175.blog47.fc2.com/blog-entry-297.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

下北地域魅力再発見セミナーについて(2/22)

 下北地域では、国の「平成19年度地方再生モデルプロジェクト」に採択された「下北地域広域観光振興プロジェクト」が、国の事業として実施されております。

 その一環として、下北地域の地域資源を活用した地域づくりをテーマにセミナーを開催いたします。

 これからの地域づくりは、画一性から脱却し、「個性」を磨くことがポイントになると言われております。このセミナーでは、下北の未来のために、「下北にあるもの」をどう活用していけばいいのか、皆様一緒に考える機会としたいと考えています。

 みなさまのご参加をお待ちしております。

日時 2月22日(金)13:00~16:00
場所 むつ来さまい館イベントホール

13:00~13:10 下北かるたコンテスト、下北検定の表彰
13:10~13:15 開会あいさつ 下北地域県民局長 奈良岡 修一
13:15~14:15 基調講演
「下北の資源を活用した下北活性化
~強い地域ブランドと強い地域づくり~」

講師 佐々木 純一郎 氏(弘前大学大学院地域社会研究科教授) 
~ 休憩 ~
14:30~16:00 パネルディスカッション「下北の地域資源で未来をつかめ!」
コーディネーター 牧瀬 稔 氏(財団法人地域開発研究所研究員)
パネラー 五十嵐 健志 氏(むつ市海と森ふれあい体験館館長)
長津 秀二 氏(下北ブランド研究開発センター所長)
山本 文三 氏(鍵本ハイヤー株式会社代表取締役社長)
アドバイザー 高村 裕平 氏(東北地方整備局企画部企画調整官) 

セミナーちらし」(PDF149KB)をダウンロード

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

ひろさき検定ネタ

Hirosakikentei(写真をクリックすると大きな画像が出ます)

弘前雪灯籠祭りのイベントでも、津軽ひろさき検定クイズやってました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

下北検定近づく

 青森県初のご当地検定である「下北検定」の日が近づいてきました。

※ ちなみに、陸奥新報(Web版1月22日)によると、3月9日に行われる「津軽ひろさき歴史文化観光検定」(通称・津軽ひろさき検定)は、『本県初の本格的ご当地検定』なのだそうです。公式テキストも発売と同時に、爆発的な売れ行きを見せ、たちまち重刷となったとか。ひろさき検定、おそるべし&うらやましい。「下北検定」もテキスト出版してくれる人いないかな。

 話をもどして、

 「下北検定」もおかげさまで、受験申し込みが定員の80人を超えました。

 ネット検定のほうも、このところ急激に受験者が増えて、累計で800人になろうかという勢いでございます。

 ありがとうございました。<(__)>

 こうなってくると、「果たして、この人気に応えられるだけの内容になっているのだろうか...」ということが頭の隅をよぎるのでございます。

 しかし、ここまできたら、やるしかない。一所懸命やらさせていただきます。

 ええ、やりますとも。やってやろうじゃないの。

 (`∇´*)o"エイ(`∇´*)o"エイ(`0´*)ノ"オゥ!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

訪問者あり

 新聞効果か、2人の方がしかPを訪ねて来てくれました。

 ひとりは、むつ市中央公民館の方で、来年度のむつ市民大学に「下北を知る講座」を使いたいとのこと。ふたつ返事でお引き受けしました。

 もうひとりは、下北検定を受検するYさん下北を知る講座テキストが書き込みでいっぱいで、数カ所記述の間違いを指摘していただきました。「知らないことがいっぱい書いてあって、勉強になりました」とは、ご謙遜でしょう。(でも、そう言ってもらえるとなんだか嬉しい)

 こんな感じで、少しずつ、つながり・広がりが生まれていけばいいかなぁと思っています。

 好意的なご意見ばかりではなく、「そんな遊びみたいなことをやってどうなる?」みたいなことも言われたりしましたが、アカデミックなことは”しかP”には無理です(キッパリ)。これからも、やれる範囲で、やれるスタイルでやっていきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

「しかP」新聞に登場

200202shinbun(ついに正体を現した”しかP”!!記事の内容を知りたい方は、東奥日報をお読みください。)

2月2日(土)の東奥日報夕刊の「ちょっとお尋ねします」コーナーにしかPが出てしまいました。5段ぶち抜きのコーナーで、下北かるたにとっても、大きな宣伝になりました。

東奥日報さま、ありがとうございました。

本当は、シャイなのであまり表に出たくはないんですよ。でもね、仕事なので、やむを得ないんですよ(ATVにも出てたじゃぁないか!!)。

下北のPRになったと思うので、それに免じて許してください。

<(__)>

| コメント (2) | トラックバック (0)

シモキタに行ってきた

東京に出張する機会があったので、シモキタ(下北沢)に行ってきました

社会人になってから、初めての訪問です。相変わらずのごちゃっとした感じが懐かしかったです。

うわさの「下北Tシャツ」のカミカゼスタイルにも行ってきました。

が、開店前でした。(ToT)

Shimokita_tengumaturi シモキタは天狗まつりでしたが、時間の関係で見られず。

Kamikaze_style カミカゼスタイル(ちょっと、ピンぼけ)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »