« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月28日 (火)

見て楽しい川内の海

講座の様子 8月25日(土)、下北を知る講座(第2回)が、むつ市川内にある「むつ市海と森ふれあい体験館」で開催されました。地元の漁協の方々、高校の校長先生をはじめ、ご参加いただいた約20人の方々、ありがとうございました。

  川内の昔の映像を見てもらいながらの講座でしたが、そこに映っていた人が「タケシロウ」さんであることが判明するという想定外の成果もありました。

五十嵐館長アマモにくっついている小さな生きもの観察中   また、今回は、むつ市海と森ふれあい体験館の五十嵐健志館長から川内の里海(岸から近い浅場の海)の生きものについてお話ししていただきました。

川内 海の生きもの図鑑   北の海というと、冷たくて、黒い魚しかいないようなイメージですが、川内の海では対馬暖流が流れ込んでくる影響もあって、ムツサンゴをはじめとしてカラフルな生きものが見られるそうです。(左は、川内の里海の生きもの図鑑。生きものの名前を調べて書き、記念に下敷きにしてもらいました。(クリックすると大きな画像がでます)

  「海は、漁業だけでなく、見て楽しめる地域の資源。その魅力を発信していきたい」と話しておられました。

 下北の海について知りたい人は、むつ市海と森ふれあい体験館へどうぞ。

※ 講座の模様は、同日夜6時45分からのNHKニュースでも放送されました。NHK様には取材していただきありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

「私の下北かるた」コンテスト作品募集中!

 下北地域県民局では、下北を題材にした「かるた」を募集しています。
 あなたの好きな下北、誰も知らない下北、いちおしの下北...。

 下北への熱い想いをかるたに託してアピールしてください!

1 応募資格  どなたでも応募できます。

2 応募方法  次の(1)~(4)を郵送またはメールで提出してください。
        郵送の場合は、(1)~(4)を1枚の紙にまとめてください。
        用紙の大きさは自由です。
        ひとり何点でも応募できます。(ただし、未発表作品に限ります。)
  (1) 取り札(絵や写真)
  (2) 読み句(読み札のことば)
  (3) 取り札、読み句のコメント(好きな理由、いちおしの理由など)
  (4) 応募者の氏名(ふりがなを付けてください)、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)

3 締切  平成19年10月31日(金)(郵送の場合は、当日消印有効)

4 作品送付先・お問い合わせ先
  青森県下北地域県民局地域支援室
  〒035-0073 むつ市中央1-1-8
  TEL 0175-22-1195  FAX 0175-22-1176
  メール 
shimokita_karuta@yahoo.co.jp

「募集要項」(PDF)をダウンロード

「ポスター(A3)」(PDF)をダウンロード

| コメント (0) | トラックバック (0)

たずねてみよう、下北半島の「句碑・歌碑」めぐり

 下北は、かの伊能忠敬が「此所は奥北に稀なる所にて寺院医師其他表立市し人々学文を好、詩和歌等もなす人あり」(「沿海測量日記」)と記したほど、昔から文化の薫り高いところでした。
 また、下北には、古くから作家が訪れ、作品に描かれています。

 そのため、下北には、歌碑・句碑・文学碑が多く建てられ、ファンを楽しませています。

 下北半島の歌碑・句碑は、「下北半島の窓」ホームページでも紹介されています。
 
「下北半島の窓」ホームページはこちら

 シギが飛び立つ海峡に井上靖の文学碑(カルタへリンク)

 井上靖の文学碑がある風間浦村下風呂はこちら(ちず丸へリンク)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

ことしもやります!仏ヶ浦ライトアップ遊覧

 白緑色凝灰岩が約2kmにわたって連なる下北半島屈指の景勝仏ヶ浦。この仏ヶ浦を夏季限定でライトアップします。なお、ライトアップは遊覧船からの観賞となります。(要予約)

開 催 日   平成19年7月23日~29日 ・ 8月12日~14日  の10日間

集合時間   19時(19時半出発 )
       ※ 日没時間・天候等によって出航時間が変更となる場合があります。

集合場所   佐井村津軽海峡文化館 アルサス
アルサスはこちら(ちず丸へリンク)

申し込み・問合せ先   佐井村観光協会  TEL 0175-38-4515

料   金    大人 ¥2,500   子ども ¥1,250

お知らせホームページ

佐井村ホームページ

仏ヶ浦は 極楽の磯 羅漢、如来が立ち並ぶ(かるたにリンク)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

下北を知る講座(第2回)のお知らせ

「下北かるた」を題材とした「下北を知る講座」(第2回)を開催します。

 参加希望の方は、電話、ファックス又はメールでお申し込みください。

■日時 平成19年8月25日(土)14:00~16:00
■場所 むつ市海と森ふれあい体験館(むつ市川内町川内477)

むつ市海と森ふれあい体験館はこちら(ちず丸へリンク)
■内容 1 講座「さ行・た行編」
      下北かるた「さ行・た行」を題材に、下北について学びます。川内の昔の映像も紹介。

     2 講演「下北の多様な海の生き物」
     講師 五十嵐健志氏(むつ市海と森ふれあい体験館館長)
      ※ 暖流と寒流に囲まれた下北、知られていない里海の多様な生きものを紹介します。
■定員 50人
■参加費 無料
■申込方法 電話、FAX又はメール
      
      下北地域県民局地域支援室
      電話 0175-22-1195
      FAX  0175-22-1176
      メール 
sh-renkei@pref.aomori.lg.jp

「第2回ちらし(PDF)」をダウンロード

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

第1回下北を知る講座開催!!

 7月31日、記念すべき第1回下北を知る講座が開催されました

(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*)

高校生も参加  高校生から60代まで、約80人のご参加をいただきました。ありがとうございました。(写真は、展示してあるカルタなどの資料を見る高校生。写真をクリックすると大きな画像が出ます)

 下北地域県民局長あいさつに始まり、下北かるたの生みの親である山本文三さん、杉山克也さんの講演、休憩をはさんで、下北かるたによる下北を知る講座「あ行・か行」編と2時間のプログラムはあっという間に終了しました。

局長あいさつ 山本文三氏 杉山克也氏 (左から、局長、山本さん、杉山さん)

 「第1回講座次第(PDF)」をダウンロード

 山本さん、杉山さんからは、下北かるたの原案が、「あの世への入口がある恐山」から始まるものだったことや、下北を愛するあまり息子の名前を「(シモ)キタロウ」にしたというちょっと笑えるエピソードから、下北の活性化のためにあれこれ奔走した苦労話が披露されました。

 しもきたくんTシャツ しもきたくんTシャツもデビューしましたよ。講座修了後は「どこで買えるのか?」という声が殺到ちょっとだけありました。 (Tシャツは手作りです。欲しい方は、Tシャツを持ってきていただければ、私が描きます。)

東奥日報の記事(Web東奥にリンク)

 第2回は、8月25日(土)14:00~むつ市海と森ふれあい体験館で開催されます。皆さんのご参加をお待ちしております。

「第2回講座のちらし(PDF)」をダウンロード

海と森ふれあい体験館(ちず丸へリンク)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »